破茶滅茶な言い訳

スポンサーリンク
スポンサーリンク

〜前回の投稿の続きです〜

今回の電話で姑の本性が出たというか・・・
なんと言うか・・・・
ハチャメチャで、醜態を晒すとはこの事!という感じでした。

【ハチャメチャその1】

嫁側には出させてうちは家系図(親族の最終学歴と職業と年齢を書いた一覧表)を出してないじゃないか。という夫に対して姑は・・・・

あんたに書いて出しといてって言ったじゃない!

と言い出しました。

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!😳⚡️

そんなこと今はじめて聞いたわ!💢

と夫は怒っていましたが・・・・

私と同じで夫も 親族の年齢、最終学歴、職業まで詳しくは知りませんよ???
一部なら知ってますが・・・
舅みたいに人の学歴とか職業に興味ないし。

滋賀の風習、長浜の風習、近所の風習ときて、それでもダメなら息子に押し付ける!

最低なババアだな💢

何でそんなに嫌がって醜態を晒し続けるの????
息子のせいにして全て押し付けて恥ずかしくないの?
それで逃げられるとでも?
風習うんぬんって話はどうなったの?

当時は出したくないからこんな事を言っているのだと思っていました。
出せない理由があるとは知らずに。
出せない理由は姑の学歴詐称!!
理由が分かっている今、姑のこの言い分を見ると本当に最低でどこまでも馬鹿なんだと思います



【ハチャメチャその2】

あんた お父さんに色々してもろてるやろ!

育ててやった!大学までいかせてやった!
だからお父さんのために嫁を説得しろ!

と。毒親がよく言うセリフですね。

そんなこと言ったら、ますます離れていくってわからないのかねぇ・・

舅も姑も《●●してやったから○○しろ》というお考えなのはわかりました。←前から分かっていたけれど。

じゃあ じゃあ じゃあ 言わせてもらいますけども!

舅の自慢のネタにされ、唯でさえ忙しいのに 舅・姑、親戚の病気の相談までされ、うちの親族に謝罪した件などについてはどのようにお考えで? それに学費だって私に比べれば全然かかってない。

それに…give & take希望なのに、何で私には言ってこないの?
あ~そかそか!
私にはしてもらったことしかないから、分が悪いものね!
嫁は尽くして当たり前!嫁は義父母に貢いで当たり前!だものね
ほんとクソ💢

【ハチャメチャその3】

今まで舅には色々なことを言われたり、されたりしましたが、姑にはこれでこき使える発言と九州人には~発言しか話せていません。

簡単に抑え込める嫁
前回の電話の続きです。 そんなの冗談やんかぁ!真に受けるナオさんが悪いよ! お父さんに悪気はないの! それにね~家系図だって長浜の風習なんだから!! 昔はどこでもそんなことはあったの! そん...

今回新たにいくつか話をしたのですが・・・

お父さんは悪気ないのに真に受けるナオさんが悪い!

お父さんがそんなこと言うなんて 信じられない!

冗談で言ったに違いない!

を連発しておりました(また冗談扱いか・・・

夫は 諭すように

忘れたとか、そんなこと言ってないって親父は逃げるけどさ、言われた方は覚えてるよ。 嫌なこと言われたら覚えてるものでしょ? それに優しくしろ、こき使うなって何度も言ったのに、酷いことを言ってみたり、行動みたらわかるじゃないか。都合が悪くなるとすぐ逃げるし、更に暴言吐くし、話合いを嫌がっているのは親父だろ?

自分達が楽になるからって、色々させてただろ?調子に乗りすぎなんだって! 親父は夜中の1時まで書類書きとかさせてたやないか!嫁にそんなことまでさせてる家ないで?同期の親とかはこき使ったりせずに優しく受け入れとるよ。うちだけだってそんな扱いなのは!冗談で言ったって言い訳はやめろよ💢実際こき使っただろ!

もう話す気がないから無理だって

だからさーそこで言い訳するからダメなんだよ!

何で素直にごめんなさいって言えんの?

と言っていましたが・・・・

もう見切ってるので謝罪されても時すでに遅しなんだけど・・・
この期に及んでまだ言い訳かーすごいなー。

夫は色々と言っていましたが止めは刺しませんでした。

夫は私と違って温和で優しい性格なのでね😩

止めは刺さない代わりに姑に約束させてくれたこと。

  • 私への接触はしばらく禁止
  • 物などを送ってくるのも禁止
  • 行事にはしばらくひとりで出席する
  • 当分の間、絡むの禁止

全て了承させていました。

私の中で当分の間って死ぬまでなんだけど…
まぁ・・・・自分達さえ良ければいい!という人達が守るわけがないのです。

焦燥感はわかりますけど・・・・次から次へと醜態を晒して見苦しい限り😑

お互いのために、もう会わない方が良いと思うんだけどな…




コメント

タイトルとURLをコピーしました