礼状への反応

スポンサーリンク
スポンサーリンク

謹啓から始まり謹白で終わらせた礼状には、

今後このようなお気遣いは一切無用 と書いておきました。

礼状送って、以前舅が食べたいと言っていた長崎のちゃんぽんと皿うどんのセット、姑の好きな福砂屋の最中とカステラのセット、などなど他にも2人が欲していた物を色々と送りましたが、2人からは何の連絡もありませんでした。

1週間後、留守電に

色々と送ってもろて有難う…。

用事があるのですんませんけど電話下さい…

と、か細い声で入っておりました。

さてさて今度は何を言ってくるのか…😩

もういい加減、修復不可能とわかってくれませんかね・・・・
それだけのことをしてきたじゃない。

自覚がないから無理か?



それと・・・今までは何か送ると、届いたと電話をしてくるのは必ず舅だったのに最近は姑ばかり。

偉そうにしていた でしゃばりが どうして しゃしゃり出て来ないのかしら?

礼状の内容 頭にきたでしょ?
なぜ何も言ってこないの?

「贈り物もらったらこんな風に礼状書けるか?息子が恥かかんように練習せいよ。足引っ張るなよ!」と偉そうに言っていた舅。

私の結婚前の職業は社長秘書ですよ😩 忘れているみたいだけど。

傲岸不遜な舅
舅は夫の所属する大学の教授や名誉教授によく付け届けをしていました。 (夫は大学の医局に所属しています。その医局にお菓子や果物を差し入れたり、名誉教授、教授宅へのお歳暮・お中元を欠かしませんでした。息子のためではありません。全て自分のため。...

大人しい性格だと思い込み、好き放題言っていた2人。

簡単に抑え込めると思っていたしね。

簡単に抑え込める嫁
前回の電話の続きです。 そんなの冗談やんかぁ!真に受けるナオさんが悪いよ! お父さんに悪気はないの! それにね~家系図だって長浜の風習なんだから!! 昔はどこでもそんなことはあったの! そん...

時すでに遅し




コメント

タイトルとURLをコピーしました